にっくき脂肪を撃退!名古屋の脂肪溶解注射クリニックBEST5 本当に効果のある脂肪溶解注射クリニックを探せ!名古屋編
HOME » 各痩身法と脂肪溶解注射のダイエット効果を比較 » 脂肪溶解注射とジムを徹底比較!

脂肪溶解注射とジムを徹底比較!

脂肪溶解注射とジムを比較!

こちらでは脂肪溶解注射とジムの理想の体型になるまでの時間・費用・効果・通いやすさ・持続時間・手間を表にまとめました。ダイエットについて考えている人はぜひ参考にしてください。

  脂肪溶解注射 ジム
理想の体型になるまでの期間 約1ヵ月~2ヵ月 2週間~1ヵ月ごろ
費用 1回3,000~100,000円 月々3,000~15,000円
効果 施術を受けた部分のみ効果を実感できる。 トレーニングを続けるほど効果を実感できる。
通いやすさ 1回の費用が高いため、何度も通うことは難しい。 自分に合ったペースで通う必要がある。
持続時間 1度の施術で長期間体型をキープすることが可能。リバウンドしにくい体型に近づける。 トレーニングをやめてしまうとリバウンドの可能性が高くなる。
手間 施術をした後は特にやることがない。 ジムに通い続けてトレーニングをする必要がある。

理想の体型になるまでの期間で比較

脂肪溶解注射とジムは、理想の体型になるまでの期間が違います。こちらでは、脂肪溶解注射やジムでダイエットを始めてからどれくらいの期間で効果を実感できるのかをご紹介。少しでも痩せたいと思う人はぜひ見てみてください。

脂肪溶解注射の場合

脂肪溶解注射の効果を実感するには、約1ヵ月~2ヵ月ほどかかります。その理由は脂肪を尿へと変換して排出するまでに時間がかかるためです。

脂肪溶解注射は1度の施術で治療できる範囲が狭く、薬液を多量に注入できません。1回の施術で治療できる範囲は手のひらほどの面積だけ。1つの部位に対して注入できる頻度は2週間に1回程度。おなか周りのような広い部位が気になる場合は、何度も施術する必要があるため、時間がかかってしまうのです。

また、脂肪溶解注射をする箇所によって効果の現れ方が異なります。特にむくみやすいふくらはぎは緩やかに痩せるので、効果を実感しにくいでしょう。一方、二の腕は効果を実感しやすい箇所だと言われています。

ジムに通った場合

1週間のうちジムに2回通っている人の場合は、ダイエットを始めて2週間~1ヵ月頃から効果が現れ始めます。完全に痩せたと思えるほど実感できるのは2ヵ月後くらいです。もっと早く痩せたいと思う人は、1週間に3、4回ほど通うのがおすすめ。ただ、通うのが面倒だと感じないよう、長い期間継続できる回数を設定して続けましょう。

ジムでダイエットをしても、順調に体重が減るわけではありません。1週目に1キロ体重が減ると2週目には0.5キロ増えていたり、3週目に2キロ減って4週目には0.5キロ増えたりというように、体重が上下するケースが多いです。ダイエットを始めてすぐに効果を実感しにくいので不安になるかもしれませんが、コツコツ続けていけば体重が減ってキレイなボディラインが手に入りますよ。

理想の体型になるまでの費用で比較

脂肪溶解注射とジムでダイエットするのにかかる費用を徹底的にリサーチしました。こちらではそれぞれの費用について詳しく比較しているので、リーズナブルな費用で痩せたい人はぜひ参考にしてください。

脂肪溶解注射の場合

脂肪溶解注射の費用相場は3,000~100,000円です。一般的には施術する面積が手のひらサイズだと30,000円前後。モニターとして脂肪溶解注射をしてもらえる場合は、15,000円ほどで受けられます。キャンペーンを実施しているクリニックなら5,000~10,000円くらいまで安くなるケースもあるので、施術を受ける前にクリニックの情報をチェックしておくとオトクになる場合がありますよ。

安い価格で施術するために、脂肪溶解作用を薄める成分が配合したものをお願いすることも可能。ただし、脂肪溶解注射の施術が複数必要となる場合や希望する部位、施術範囲により価格が変化するので、どの部位をどれくらい細くなりたいのかをカウンセリング時に先生に相談して費用を確認しましょう。

ジムに通った場合

ジムの費用相場は、月々3,000~15,000円です。2週間に1回のペースなら月々3,000~4,000円ほど。1週間に2回のペースで通う人の場合だと月々7,000~12,000円ほどとなります。フリープランのあるジムに入会すると、月々12,000~15,000円で何回でも通うことが可能です。ジムをよく利用する人にとってはリーズナブルな価格でダイエットできるでしょう。

しかし、通い続けないと月々に支払っている料金が無駄になることも。自宅や会社近くのジムを選び、通いやすい環境を整えるのがおすすめ。1週間に2回ほどに抑えつつ、余裕を持ってジムへ通えば、リーズナブルに理想のボディが手に入りますよ。

理想の体型になるまでの手間で比較

こちらでは脂肪溶解注射とジムでダイエットをして理想的な体型になるまでの手間について比較しています。脂肪溶解注射で痩せる場合とジムで痩せる場合をまとめてみました。

脂肪溶解注射の場合

脂肪溶解注射は注射を打つだけの施術なので、比較的手軽に痩せることができます。1回の注射で長期間効果が続くので、何度もクリニックへ通う手間がかかりません。脂肪溶解注射の薬液に配合されているタンパク質が脂肪細胞を液体に変化。液体化した脂肪が尿として排出されるため、楽にダイエットが可能です。1度液体になった脂肪は増えることがないので、施術を受けた部分は痩せた状態を維持できます。

1回の施術時間は10~15分と短いのも魅力。施術後の痛みに関しては、2週間ほど筋肉痛のような痛みを感じる場合がありますが、徐々に落ち着いていきます。

ジムに通った場合

ジムでダイエットをする場合、定期的に通う手間が発生します。最初は意気込んで通い始めてみたものの、面倒になって徐々に通わなくなる人もいるでしょう。仕事やプライベートが忙しいことを理由に途中であきらめてしまった、なんてことになりかねません。

ですが、多くの人が通っているジムならではの良さもあります。ジムに通っている人の中には、ダイエットに効果的な食事やトレーニングを熟知している人もいます。そのような人と仲良くなれば、食事方法やトレーニングについてアドバイスをもらうことも可能。1人だと続けにくいダイエットも、同じ目的を持った仲間ができると楽しいですよね。手間だなあと感じても、通い続けられるかもしれません。

リバウンドするまでの持続時間で比較

ここでは、脂肪溶解注射とジムに通った場合でリバウンドするまでの持続時間がどれくらい違うかを紹介しています。また、なぜリバウンドするまでの時間が異なるかを掲載していますので、ご参考ください。

脂肪溶解注射の場合

脂肪溶解注射は脂肪細胞自体を溶かしてリバウンドしにくい体質になれるため、持続時間が限りなく長いと言えるでしょう。

使用する主な成分は、大豆から摂れる大豆レシチンの一種であるフォスファチジルコリン。欧米では高脂血症や肥満治療に使われています。注射されたフォスファチジルコリンは脂肪細胞にゆっくりと浸透して脂肪を分解して、血液中に入って体外へ排出。脂肪細胞を徐々に減少していくのです。

基本的には一生変わることがない人間の脂肪細胞の数を、脂肪溶解注射で減らすことができます。溶けて排出された脂肪細胞は再生しないので、リバウンドしにくい体質になるのです。

ジムに通った場合

ジムに通った場合でも、リバウンドしにくい体質へと近づくことができます。ただ、筋肉が減ってしまうとその限りではありません。

ジムに通って運動していると脂肪細胞が小さくなって痩せていきますが、もともとあった脂肪細胞の数は変わりません。そのため、食生活が戻り、運動をしなくなればリバウンドしてしまう可能性があります。

リバウンドを防ぐためには体脂肪率を減らすことが重要。まずは1日あたりのカロリーをコントロールして、タンパク質を多く摂るようにしましょう。食事の回数を増やすのはOK。ただし、野菜スープのような低カロリーのメニューを選んでカロリーの過剰摂取を避けましょう。最初の1ヵ月は、炭水化物抜きの糖質制限ダイエットを行なうのも良いかもしれません。

食事制限と同時にしっかりとジムでトレーニングを続ければ、引き締まった太りにくい体を維持し続けることができます。

脂肪溶解注射とジムのどっちがいいの?

体を動かすダイエットに向いていない人は、脂肪融解注射がおすすめです。脂肪を液体化する薬を注入するだけの治療方法で、楽に痩せられます。1度の施術で成功すれば長期間痩せた状態をキープできるため、再度クリニックへ通う必要がありません。一般的に1回30,000円前後の費用がかかりますが、利用者の口コミでは「ウエストが細くなった」「体重が減った」などと高く評価されています。施術時間が短いので、普段仕事が忙しくて体を動かせない人にもおすすめです。

リーズナブルに引き締まったボディを手に入れたい人には、ジムでのダイエットが◎。安いところだと3,000~5,000円ほどで通うことができます。体を動かして気持ち良い汗をかくことでストレスを発散することも可能です。

自分に合ったダイエット方法で美しいボディが手に入ります。どの方法が良いのかわからないという人は、美容クリニックのカウンセリングやジムの体験レッスンなどを受けてみてはいかがでしょうか。

名古屋で脂肪溶解注射を受けた人の口コミ・体験談

  • ほうれい線が気になり、頬へBNLSをすることにしました。針を刺すときも痛みが少なく、施術後の内出血もほとんどありません。少し違和感はありましたがその日のうちにおさまりました。(30歳・女性・頬)
  • 初めてBNLSを受けました。思っていた以上に効果を実感。周りからもホホの肉が無くなったと言われます。今度はボトックスも試して、もっと小顔になれればなと思っています。先生ありがとうございました。(20代・女性・頬)
  • 脂肪吸引と脂肪溶解注射どちらにするか迷った末、脂肪溶解注射を受けることにしました。身体への負担が少なく、徐々に脂肪が落ちて細くなるのを実感。満足できる結果が得られてよかったです。(20代・女性・二の腕)

名古屋でジムに通ってダイエットをした人の口コミ・体験談

  • スポーツクラブに通っています。プールがあり、サウナやお風呂が利用できるのが良いですね。スタジオプログラムも充実。各ジムによって雰囲気が違うので、いろんなジムをめぐるのが楽しいです。(不明・男性)
  • 私の通うジムは格闘技設備が充実しています。立派なリングがあるので、マスボクシングもできそうです。驚いたのはシングルパンチングボールがあること。ボクシングジムに行かなくてもボクシングの練習ができます。(不明・男性)
  • 私が通っているジムは本格派。ジムの予備知識があるほうが楽しめるかもしれません。できるなら、お試しで雰囲気を見に行ってもいいかも。シビアにトレーニングできる人向けです。(不明・男性)

「太っている」定義は?

BMI…(Body Mass Index)の略で、ボディマス指数といわれる指標。体重と身長の関係から算出される、肥満度を表す体格指数です。

BMI指数:体重÷(身長(m)×身長(m))
例えば身長160cm、体重54kgの人の場合
54÷(1.6×1.6)=21.09375

このように算出されます。

18.5未満なら低体重
18.5以上25.0未満なら普通体重
25.0以上30.0未満なら肥満1度
30.0以上35.0未満なら肥満2度
35.0以上40.0未満なら肥満3度

医学的に考えると、およそこのように分類されます。みなさんはいかがでしたか?

BMI指数が25.0未満であれば肥満ではない、ということになります。逆にBMI指数が18.5未満であれば「痩せすぎ」というということになりますね。

BMIの歴史は古く、1835年にベルギーの数学、統計学、社会学者であるアドルフ・ケトレーによって開発されました。体脂肪率と相関する指数として肥満度を計る指標になっています。

肥満が招くリスク

加齢とともに筋肉量、骨量が減り、体を支える力がだんだんとなくなってきます。そこに脂肪が蓄積されて体重が増加してしまうと関節や骨などに負担がかかり、膝や腰などを痛めたり、転倒などによる骨折などの危険性も出てしまいます。このようにいうと高齢者だけのことと思われがちですが、年齢に関係なく、肥満は体に負担をかけてしまいます。

糖尿病、高血圧、脂質異常症などの生活習慣病を引き起こす直接的な要因となります。このような状態をそのままにしていると、血管に負担をかけ、動脈が硬くなり、いわゆる動脈硬化症を引き起こします。その結果、心筋梗塞や脳卒中などの命の危険性もあるような、重篤な病気を引き起こす可能性さえも出てきてしまうのです。

肥満は、予想以上に多くの病気を引き起こすリスクを高めることになるのです。

痩せすぎが招くリスク

BMI指数が18.5未満であれば「痩せすぎ」に分類されます。スリムと痩せすぎは違います。最近ではモデルや芸能人への憧れからか、痩せすぎの女性が増えています。特に10代、20代の若い世代に痩せすぎの人の割合が高いのです。もともとの体質や遺伝的なものもあります。しかし、ストレスや精神的なものが原因で太れないという場合や、病気が原因になっている場合もあります。摂食障害や胃がんなどの深刻な病気であることも。

また、痩せすぎは女性の場合、女性ホルモンのバランスが崩れる、疲れやすい、免疫力低下によって体調を崩しやすいといった症状を引き起こします。冷え性であったり、肩こりや肌トラブルなども、痩せすぎが原因になっていることがあります。

肥満でも、痩せすぎでも、「健康的」であるとはいえません。健康的な体を作ることは、一生を通して心がけていきたいものです。「痩せる」というよりも「体型や体重を整える」という考え方を持つことが大切だと思います。

健康であること、そして美しくあること

これが「体型や体重を整えることの意義」といえるでしょう。心も体も健康的で美しくありたいものですね。それでは、どのような方法が良いのでしょうか。脂肪溶解注射とジムで運動をする。比較してみましょう。

脂肪溶解注射とジム、全く異なる方法ですが、まずそれぞれの特色をみてみましょう。

知っていますか?脂肪溶解注射のこと

脂肪溶解注射は1950年代にフランスで開発された施術で、その安全性は高く、世界でも19か国で取り入れられています。日本でも脂肪溶解注射はメスを使わずに施術できる手軽さと、安全性に加え、ダウンタイムの少なさもあり、とても人気がある施術のひとつです。そのため脂肪溶解注射を行うクリニックも増えています。

従来行われてきた脂肪吸引のようにメスを使わず、痩せたいところに薬剤を直接注射して脂肪細胞を破壊し、溶かします。薬剤と脂肪は自然に体外に排出されます。脂肪細胞の数を減らすことができますので、「根本的に痩せる」ことができます。

ジムやダイエットなどとは違い、リバウンドすることも基本的にはありませんから、確実に痩せる方法といえるでしょう。

どうなの?脂肪溶解注射の効果

しかしその一方で、やはり効果には個人差があることは事実です。脂肪溶解注射をした人の口コミサイトをみると、「効果がなかった」という声もありました。「注射したところが凸凹になった」「硬いしこりができて他院でやり直した」仕上がりへの不満なども少なからずありました。信頼できる技術、薬剤の内容によっても差が出てしまうようです。

脂肪溶解注射はメスを使わず、10~15分程度の短時間で済む施術です。美容整形としては何となく気軽なイメージですが、体に薬剤を注入してボディラインを整えるのです。

「ボディメイク」をすることは、美容整形術の中でも高度な技術と豊富な経験が必要な、とても難しい施術です。薬剤を注入する量やバランスなど、細かいところまで見極めながら行います。ですから、何よりも慎重に施術するクリニックを見つけましょう。

脂肪溶解注射の薬剤はどんなもの?

脂肪溶解注射の薬剤は種類がiいくつかあって、副作用や効果など、それぞれ特徴に違いがあります。副作用など体への負担が少なく確実に効果が得られるという薬剤の開発も進んでいますが、効果は医師の間でも賛否両論であるようです。

脂肪溶解注射に使用される薬剤を大きく分けてみました。

  • PPC(フォスファチジルコリン)を主成分とした薬剤
  • PPC(フォスファチジルコリン)とDOC(デオキシコール酸)を主成分とした薬剤
  • PPCもDOCも含まないBNLS(BN リポスカルプティング注射)
  • BNLSとDOCが配合されている「BNLS neo」という薬

DOC(デオキシコール酸)はPPC同様に、米国FDAで効果が認められた医療品成分です。安全性が高く、体内にある胆汁の中に存在する胆汁酸で、脂肪を溶けやすくしてくれるので、PPC(フォスファチジルコリン)やBNLS(BN リポスカルプティング注射)に配合し、より高い効果が期待できる薬剤と言われています。

しかし、DOCは腫れる原因にもなる薬剤で、通常1週間から長い人で1ヶ月程度腫れてしまう可能性もあります。そのため施術する季節や注入する体の部分によって、避けたいという場合もあるでしょう。

BNLSは、安全性の高い天然由来成分で作られている薬剤です。血液やリンパの循環を良くして脂肪を分解したり、肌を引き締める効果もあります。

そして最近注目されているのは、腫れや痛みは少ないけれど、効果も少ないと言われてきた従来のBNLSにDOCを配合した薬剤です。DOCが配合されていては、結局腫れてしまうのではないかと不安になりますが、配合されている量が少量なので、PPCとDOCが配合されている薬剤に比べ、腫れや痛みはほとんど気にならない程度です。「副作用がほとんどなく、効果は大きい」のが特徴で、採用するクリニックも増えています。ただ、やはり他の薬剤と比較して高額です。

脂肪溶解注射の注意点は?

脂肪溶解注射の場合、注入する量と回数を確認しないと、想定していたよりも高額になってしまうことがあります。施術前のカウンセリングでしっかり確認をすることが大切です。どの部分にどれくらいの量の脂肪溶解注射を注入するのかで金額は変わってきますので、事前に仕上がりのイメージと費用などを把握できるようにしておきたいものです。

また、施術後には、腫れや痛みが出る可能性もあると分かったうえで、薬剤を選んでいただきたいと思います。

知っていますか?ジムのこと

ジムは筋力を鍛えるトレーニング機器が備えられている運動施設のことです。種類の違うマシンを効果的に使うことでシェイプアップ、運動不足の解消、ダイエット、心肺機能の向上など、それぞれのニーズに合わせて、効果を出せる環境です。通常、ジムには専門のトレーナーがいて、トレーニングをサポートします。

ダンベル、さまざまな種類のトレーニングマシンなどを複数回繰り返し使用します。適度な負荷を筋肉に与え、筋肉をバランス良く鍛えることができます。基礎代謝が向上するので、太りにくい体質へと変化することができます。さらに血流も良くなるというメリットがあります。

また、ランニング、エアロバイク、ステップ(階段昇り降りマシン)、ボックスジャンプなどの有酸素運動(カーディオトレーニング)を取り入れることで効果的に脂肪を燃焼し、心拍機能を高めることができます。

このようにジムでは、糖をエネルギー源として消費する筋力トレーニングと、脂肪をエネルギー源として消費する有酸素運動を合わせて行うことができるので、より効率よく「太りにくい体質」に変えることができます。

フィットネスクラブは、トレーニングジムやプール、スタジオなどを備えていて、会員向けにスポーツができる場所を提供する施設です。最近ではプールを備えたトレーニングジムも増えていますので、ジムとフィットネスクラブの違いはなくなっています。プールを備えていることで、水泳という有酸素運動をトレーニング内容の中に加えることができますのでおすすめです。

痩せるメカニズム

脂肪細胞に蓄えられた中性脂は、そのままでは消費することができません。「遊離脂肪酸」という形に分解されてはじめて、「脂肪を消費する」ことができるようになります。

寒さなどの気温による刺激を受けたり、体を動かすことでエネルギーが必要になったりすると、交感神経が活発に機能しはじめます。それでリパーゼという酵素が活性化され、中性脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに分解するというわけです。遊離脂肪酸は余ると、また中性脂肪へと戻ってしまいます。

「痩せる」運動のしかた

このように、運動をして分解された遊離脂肪酸を、エネルギーとして消費していくのが脂肪を減らすポイント。ですから、筋力トレーニングで中性脂肪を分解してから、脂肪を消費する有酸素運動へと移行するようなトレーニングのプログラムを考えれば、脂肪を分解して消費するという「痩せるメカニズム」に合致しますので、効率よく痩せることができるといわれています。

一度の運動量は多くなくても、何度かに分けて運動すれば同じ効果が得られます。例えば、一度に60分運動をしなくても、30分を2回でも同じ効果があるというわけです。

そう考えると、無理をして週に1回60分走るのと、毎日10分を6日走るのと変わらないということです。疲労や筋肉痛などで継続しなければ意味がありません。

体に負担をかけすぎてしまうと、心にも負担がかかってしまうもの。特にスポーツを始めたばかりの人は、モチベーションの維持には「楽しい」と思う気持ちが必要不可欠ともいえます。

「痩せたいと思うなら、自力でランニングをすれば良いではないか。」

しかし、これがなかなか難しいのは、「楽しい」と思えるような運動の加減が、意外と自分ではうまくできないことが多いためです。「せっかくランニングの支度をしたのだから」「寒いのに意を決して家を出てきたのだから」と、無理をしてしまう。それで結局、「ランニング=つらいこと」となってしまい、継続できなくなってしまう。これでは悪循環ですね。

例えば、デレビ中継するような大きなマラソン大会やオリンピックなどがあると、一時的に近くの公園のランニングコースが人でいっぱいになります。でも数日後にはガラガラの状態に戻っている、という光景をよく目にします。その度に、継続することの難しさを感じます。

ジムは痩せるのか!?

ジムには筋肉トレーニングと有酸素運動の両方を合わせてできる環境が整っていますので、とても効率が良いです。また、天候や季節に関係なくいつでもトレーニングできますね。それだけでもモチベーションを維持することができそうです。

また、太りにくい体質は代謝を上げることで改善できます。代謝を上げることで、普通の生活をしていてもエネルギーを消費しやすくなります。運動によって筋肉量が増やすことは代謝を上げるポイントの一つ。とても大切なことなのです。

その他、体を冷やすこと、睡眠不足、ストレスなどによる自律神経の乱れなども全て代謝を下げる要因になっています。ジムで定期的に運動することで、体を温め、ストレス解消にもなり、よく眠れるようになります。

時間がかかるかもしれませんし、部分的に痩せることなどは、ジムでは難しいところもありますが、運動することを習慣化することで、長い目で見ればメリットが大きいと思います。

ジムに入会するときなどに、トレーナーによるプログラム作成などを行ってくれることが一般的ですから、痩せたい部分やジムに通える頻度など、詳細を伝え、理想の体型になるためのトレーニング方法をアドバイスしてもらいましょう。

ビフォーアフター画像

このサイトは名古屋で脂肪溶解注射を得意とするクリニックの情報を集めたサイトです。こちらの画像は、いちおしクリニックのビフォーアフター画像。この効果の理由を、ぜひ公式サイトでチェックしてみてください!

サイトマップ