にっくき脂肪を撃退!名古屋の脂肪溶解注射クリニックBEST5 本当に効果のある脂肪溶解注射クリニックを探せ!名古屋編
HOME » 部位別の脂肪溶解注射の効果とは?

部位別の脂肪溶解注射の効果とは?

注射器

部位別の脂肪溶解注射の効果は、脂肪が少ない部位の方が早く効果が表れると言われています。全身の中でも顔は特に脂肪が少ない部位ですので、1回だけの施術であっても早く効果を実感できます。

ですが、お腹や太もも、お尻などの脂肪が分厚くなる部位では、何回か施術を重ねなければ効果を実感できない可能性もあると言われています。脂肪が多い部位に関しては、施術を重ねるうちに代謝が促進されてきて、少しずつ痩身効果が期待できるようになります。

部位別の具体的な施術回数は、脂肪が少ない部位では1~3回が平均です。それに対して脂肪が多くついているお腹やお尻、太ももなどは6回が平均的な施術回数。脂肪溶解注射をおこなっているクリニックでは、平均的な回数である5回や6回を1クールとする場合が多くなっています。

施術は2週間間隔で行われるのが一般的で、脂肪の多い部位だと4回目以降に効果が目に見えて現れてきます。ただし体質的にむくみやすい人は少々効果が表れるのが遅く、効果を感じられる期間は個人差があります。また、下半身はむくみやすいため効果を実感するまでに時間がかかり、上半身は早く効果が感じられる傾向にあります。

顔の脂肪溶解注射

顔は運動などをしてピンポイントで脂肪を取ることが難しいため、とても人気のある部位です。顔の脂肪溶解注射を行うときはBNLSという小顔注射を用いるのですが、顔への脂肪溶解注射は小顔になれるだけではありません。

アゴ下の余分な脂肪がある部分脂肪溶解注射を打てば、気になる二重アゴを解消して、すっきりとしたシャープな横顔になることができます。更に、鼻やまぶたに脂肪溶解注射をしてくれるクリニックもあり、これらの場合は目をパッチリとさせたり、鼻筋を通したりといった、プチ整形の様な効果を期待できるのが魅力です。

BNLSにはお肌の引き締めを行うという効果もあるため、脂肪溶解と同時に気になるたるみが改善できる効果もあり、脂肪を取ったことによって皮膚がたるんでしまったという事態も防ぐことができるでしょう。顔は部分痩せが難しい部分だからこそ脂肪溶解注射が最適です。

BNLSは腫れや痛みもほとんどなく、施術をしても日常生活に差し支えることはほぼありません。施術の時間はおよそ15分程度と短く、通院回数も3回程度で効果を実感できる方が多くなっています。料金は1回につき30,000~60,000円程度で、気軽に小顔効果を機体できる方法でしょう。

顔の脂肪溶解注射>>

 

鼻の脂肪溶解注射

脂肪溶解注射と言えば、お腹やウエスト、太ももなどの脂肪がつきやすい部分にするものと思ってしまいがちですが、実は鼻への脂肪溶解注射は密かな人気を誇っています

鼻に脂肪溶解注射をすることによって、だんご鼻やにんにく鼻と言われる形の鼻を、すっきりと綺麗にすることができるのです。鼻についている脂肪が元々少ない方には効果が薄いですが、脂肪が多い方であれば注射を打つだけで鼻の形が変えられます。

鼻は小さな面積の部位ですが、小さい部位だからこそ脂肪溶解注射の効果が分かりやすい部位でもあります。特に鼻先に脂肪が多くついている方、小鼻に脂肪がついている方が施術をすると、鼻がスリムになったことを実感できるでしょう。メスを使って鼻の形を変える訳ではありませんので、安全性が高いことも魅力のひとつです。

鼻への脂肪溶解注射はダウンタイムが気になる方もいるでしょうが、腫れは数時間で収まるので、少し時間をおけば当日にメイクをすることも可能。施術時間は10分ほどの短時間で終了し、料金は1回の施術で16,000円~20,000円程度です。

鼻の脂肪溶解注射>>

 

お腹の脂肪溶解注射

脂肪溶解注射のスタンダードな部位であるのがお腹です。年齢と共に脂肪がつきやすい部位であり、ダイエットをしても脂肪が残りやすいので、人気の高い部位だと言えるでしょう。

お腹への脂肪溶解注射がおすすめの理由は、お腹の特定の部分だけ脂肪を減らすことができるという点です。そのため、女性らしいスタイルをキープしながら部分痩せが可能で、更にセルライトも取り除き、自然で美しい仕上がりを実現できます。

お腹は脂肪がつきやすいので、ダイエットをしてもリバウンドする可能性が高い部位ですが、その点脂肪溶解注射は脂肪細胞の数自体を減らしてしまうので、リバウンドしにくい体作りができるでしょう。リバウンドのことを含めてもお腹の部分痩せにはピッタリの施術方法です。

1回の施術時間は15分~20分程度となっていて、料金は1回につき25,000~30,000円程度です。通院回数は平均すると3~6回程度になり、ほとんどの方が4回目の施術が終わった頃に効果を実感し始めるそうです。脂肪が多い部位ではありますが、下半身のようにむくみが出やすい部位ではありませんので、脂肪の量にしては早く効果が表れます。

お腹の脂肪溶解注射>>

ふとももの脂肪溶解注射の効果

効率よく痩せるために食事制限のダイエットをしたり、体を動かすなどして自分なりに努力したけれど、思うように痩せられなかったという経験をもつ人は多いようです。ここで、最近広く知られるようになった「基礎代謝」が重要になります。効率よく痩せるためには、基礎代謝を上げることが何よりも重要なのです。

では、基礎代謝を上げるためにはどうすればいいか?その方法はいろいろとありますが、代表的なものとして「体温を上げること」が挙げられます。お風呂で必ず湯船に浸かる、ホットヨガやサウナで体を温めるなども有効ですが、筋肉をつけることで燃焼されやすい体になり、基礎体温が上がるともいわれています。

しかし、それでも頑固な肥満でなかなか痩せられないという人は、「脂肪溶解注射」を利用するのもひとつの方法です。脂肪溶解注射は、脂肪の中にあるセルライトを落とすことを目的とした施術。運動やエステサロンでは、脂肪細胞を小さくすることはできても脂肪細胞の数を減らすことはできないのに対し、脂肪溶解注射は脂肪細胞を消滅させることができるので、とても効率的なのです。

脂肪溶解注射に使用されているホスファチジルコリンは、セルライトの治療をサポートするための薬だったそうなので、セルライトによって太ももが太くなっている人にはとても高い効果が期待できます。

ふとももの脂肪溶解注射の効果>>

お尻の脂肪溶解注射の効果

日本人は下半身に脂肪が付きやすいため、ヒップラインに脂肪がつくとお尻が広がったようになってしまうのだそうです。そんなとき、脂肪溶解注射であれば狙ったところの脂肪だけを落とすことができるので、きれいなヒップラインを作ることができます。お尻は、脂肪がまったくない状態だと魅力がないので、適度な脂肪を残して不要な脂肪を落とすのが理想。

脂肪溶解注射なら、こうした微妙な調整ができるので、理想のヒップラインを目指すことが可能です。お尻の脂肪溶解注射を行うにあたり、気になるのが日常生活への影響。椅子に座ったり、階段を上ったり降りたりと意外とお尻はよく動く部位なので、ダウンタイムについてはきちんと理解しておく必要があります。

脂肪溶解注射をして1日目は、かなり強い筋肉痛のような痛みがあるので、デスクワークの人は支障があるかもしれません。2日目には少し傷みが収まり、なんとか座ることができる状態、3日目以降は痛みがだいぶ軽減され、日常生活に支障がない程度の痛みになります。週末や長期休みなどを利用して施術を受ければ、痛いときはゆっくり自宅で過ごせるので仕事への影響は少なくて済みそうですね。

お尻の脂肪溶解注射の効果>>

ビフォーアフター画像

このサイトは名古屋で脂肪溶解注射を得意とするクリニックの情報を集めたサイトです。こちらの画像は、いちおしクリニックのビフォーアフター画像。この効果の理由を、ぜひ公式サイトでチェックしてみてください!

サイトマップ