にっくき脂肪を撃退!名古屋の脂肪溶解注射クリニックBEST5 本当に効果のある脂肪溶解注射クリニックを探せ!名古屋編
HOME » 部位別の脂肪溶解注射の効果とは? » お腹の脂肪溶解注射の効果

お腹の脂肪溶解注射の効果

年齢と共に「お腹だけポッコリと出ている」と悩む女性は多い様です。上半身は細くても、なぜかお腹には脂肪がついてしまう…なぜなのでしょうか?

その原因の一つは、加齢による「筋力の低下」です。お腹周りの筋肉で内臓を支えられなくなったことで、ぽっこりとお腹がでてしまう。そのうえ筋肉の低下は代謝の低下を招き、脂肪が付きやすい状態になってしまいます。

もうひとつの原因は、女性につきやすい「皮下脂肪」といわれています。内臓脂肪は、皮下脂肪は女性につきやすい脂肪と言われていますが、皮下脂肪の方がて分解されるスピードが、なかなか落としにくい脂肪です。皮下脂肪はカロリーの消費と摂取のバランスが崩れる事で時間を掛けて、落とすのはとても困難です。その背景には、本来内臓を保護する役割がお腹周りの脂肪にはあるため、ただでさえ脂肪が付きやすい場所だから。

スッキリと平らなお腹、きれいにくびれたウエスト…女性らしいボディラインは永遠の憧れ。年齢問わず手に入れたいものですよね。でも、「お腹」はなかなか手ごわい場所、と言えそうです。

こちらでは名古屋のクリニックでも定番である、お腹への脂肪溶解注射の効果についてご紹介しています。

お腹の脂肪溶解注射の効果とは

全身の中でも特に厚い脂肪がつきやすいのがお腹ですが、お腹の脂肪を脂肪溶解注射で除去すると、どの様な効果を期待できるのでしょうか。

その効果は大きく分けると3つ挙げることができます。

お腹のみの部分痩せが可能

体は細いのにお腹だけポッコリ出ているという方もいるのではないでしょうか。

お腹は年齢と共に脂肪が溜まりやすいのに取れにくくなる部位で、お腹には脂肪がついていても体は痩せているという方がダイエットをすると、他の部分の脂肪が先に取れて、女性らしさのない体つきになってしまうリスクがあります。体全体のバランスも悪くなってしまいます。

「上半身は痩せているのに下半身だけに脂肪がついてしまう」という悩みを持たれている方も多いのですが、自力でのダイエットでは、部分的なバランスを考慮してのボディメイクは容易にできることではありません。

その点脂肪溶解注射でしたら、他の部分の脂肪は残したまま、お腹だけを引き締めるということが可能なのです。

全身の中でもお腹は脂肪溶解注射の効果が出やすい部位だと言われているので、分厚く脂肪がついていたとしても目に見える効果を実感できるでしょう。

頑固なセルライトも解消できる

痩身に興味のある方なら「セルライト」という言葉を聞いたことがある方も多いと思います。

「脂肪の塊」と言われるセルライトの説明を簡単にすると

筋肉の老化によって血液循環が悪くなり、脂肪が燃焼されにくくなり老廃物が蓄積されます。その蓄積された老廃物によって脂肪が閉じ込められてしまった状態のことを言います。

そして周りの組織を巻き込みながら繊維化してしまう厄介なものなのです。

 

セルライトは肥満ではない人にもお腹や太もも、おしりなど部分的に出来てしまうもので、皮膚表面が凸凹として、見た目も美しくなくなってしまいます。

脂肪溶解注射の大きな特徴のひとつが、脂肪と一緒にセルライトも解消することができるという点です。

セルライトは体内に溜まった老廃物と脂肪がコラーゲンで固められた塊なので、ダイエットをしても簡単に落とすことができません。特に部分的にお腹だけ、太ももだけというように出来てしまったセルライトを落とすのは困難です。

お腹は太ももやお尻同様、セルライトがつきやすい部位ですが、脂肪溶解注射の薬剤の中にはセルライトの組織を壊してしまう成分が入っており、更に脂肪が取り除かれることによって血液やリンパの流れが改善され、セルライトが体外に排出されやすくなる効果が期待できるのです。

セルライトが付きにくい生活習慣を心掛けることも大切です。セルライトは筋肉が付きにくい場所で、なおかつ冷えて血行が悪い場所にできやすいということが分かります。

テレビを観ながら腹筋をしたり、、歯を磨いたり電車に乗っている時につま先立ちをしたり、天気の良い日には通勤や買い物で歩いてみたり。エスカレーターを使わないようにしてみたり。そんな、毎日の生活の中で無理なく体を動かす事を心掛けてみましょう。

体を動かす、ということを更に深く考えてみると、「カロリー消費が効率良く行われる体に変えていく」という事を意識すると良いでしょう。それには筋力を鍛えて、体温を上げることが大切です。そして代謝を上げること。そのために必要なことを毎日少しづつ積み重ねていくという意識を持つと良いでしょう。

参考URL

セルライトの形態学の超微細構造評価:治療戦略の手がかり?

お腹に脂肪がつきにくい体質になる

脂肪溶解注射は体内にある脂肪を溶かし出すだけではなく、脂肪細胞ごと除去してしまう効果があります。

下の引用文にあるように、体内の脂肪はひとつひとつの脂肪細胞が、脂肪を溜めこんで膨れることによって、見た目に脂肪が増えたとわかるようになります。

白色脂肪細胞は、食事によって過剰となり血液中に流れている中性脂肪などの脂質や糖(合成されて中性脂肪になる)を取り込み、エネルギーとして蓄えていきます。 脂肪を蓄えた白色脂肪細胞は、球体に膨らみ、見た目はイクラのようになります。とどのつまり、体の中の脂肪とは、白色脂肪細胞という細胞に蓄えられた中性脂肪なのです。

出典:肥満に関係するだけじゃない⁉脂肪細胞の正体 河田照雄
http://www.yakult.co.jp/healthist/215/img/pdf/p20_23.pdf

脂肪溶解注射では脂肪細胞の数自体を減らしてしまうので、体内の脂肪を溜めこむ組織ごと減らすことができるという訳です。

脂肪溶解注射を打った後の部位は脂肪がつきにくくなるので、脂肪のつきやすいお腹には長期的に見ても最適な施術方法だと言えるでしょう。

リバウンドはしない、元に戻る事はないと言われている脂肪溶解注射ですが、やはり注意して頂きたいのは、せっかく脂肪溶解注射で脂肪細胞の数を減らしても、生活習慣が変わらなければ残っている脂肪細胞が大きくなり、結局注射を打つ前と同じような状態になってしまいかねません。「脂肪溶解注射をすれば楽してずっとスリムでいられる」と思い込むのは危険です。

脂肪溶解注射だけに効果を求めるのではなく、脂肪溶解注射をきっかけに、それまでの生活習慣 を見直してみて下さい。そうすることによって、より脂肪溶解注射の効果を感じられるようにもなる と思います。

脂肪溶解注射がおすすめの理由は?

お腹の脂肪を減らすために脂肪溶解注射がおすすめだという理由をまとめてみました。

  • 狙った部分の脂肪だけを除去できる
  • ただ痩せるだけではなく希望のスタイルが作れる
  • セルライトも解消できる
  • 凹凸のない自然な仕上がりになる
  • 脂肪がつきにくい体質になれる
  • 施術時間やダウンタイムが短い
  • 料金が安価で手軽に受けられる

やはりお腹部分への脂肪溶解注射では、その部分の脂肪だけを取ることができるという点が一番のメリットでしょう。

ポッコリしたお腹を解消したくてダイエットを始めても、バストサイズだけが落ちてしまっては意味がありません。

自分の希望通りのスタイルを気軽に作れるという点は、脂肪溶解注射ならではです。

そして、お腹周りの脂肪は脂肪吸引をするという方法もありますが、施術後に皮膚が凸凹になってしまう可能性もゼロではありません。

その点脂肪溶解注射は凸凹ができることもなく、施術をしたことが分からないくらいの自然な仕上がりになるという魅力もあります。

お腹への脂肪溶解注射に使用される薬剤は脂肪細胞を破壊する働きを持つPPC(フォスファチジルコリン)や、さらに脂肪溶解成分DOC(デオキシコール酸)を配合した薬剤が主に使われています。

DOCは、その効果が期待される薬剤ではありますが、注入後腫れる原因にもなる薬剤で、通常1週間から長い人で1ヶ月程度腫れてしまいます。そのため施術する季節や注入する体の場所を選ぶことになってしまいます。

最近では、PPCもDOCも含まないBNLS(BN リポスカルプティング注射)という薬剤も開発されています。BNLSはPPCやDOCが含まれる薬剤のように腫れや痛み、熱感などの施術後の症状が出ない代わりに、効き目が劣ると言われてきましたが、BNLSとDOCが配合されている「BNLS neo」という薬が開発され、最近話題になっています。BNLS neoを採用するクリニックも増えていて、それまでBNLSは顔の脂肪溶解注射の薬剤として使用される事が多かったのですが、BNLS neoは腫れや痛みがないうえに効果も得られるとのことで、お腹やお尻など、体への脂肪溶解注射の薬剤としても使用されています。

新しい薬剤は、価格は従来の薬剤よりもやや高額ですが、薬剤の開発や改良が進んで、これまでにない効果やリスクを低減させたものが出てきています。薬剤の性質をよく理解したうえで、自分の希望に合った薬剤を使用してもらうようにしましょう。

また、施術をする医師の技術と経験によっては、脂肪溶解注射をした部分が凸凹になってしまったりと仕上がりに問題がでてしまう恐れもあります。

事前の丁寧なカウンセリングが効果や施術にかかった金額などのトラブルを防ぐ事にもなります。

お腹への脂肪溶解注射にかかる時間と費用は?

お腹は面積が広い部位ですが、その施術時間は5~10分程度で、お腹部分だけなら4本程度の注射を打つだけの施術内容となります。

体の中でも脂肪が分厚い部分ですので、1回の施術だけでは効果が全く分からないということも多々あります。

どの程度まで脂肪を落とすかという個人差がありますが、充分な効果を実感するには、2週間おきに3~6回くらい通院するのが一般的です。

料金は1回25,000円~30,000円程度になりますが、この1回分というのは「指を除いた片手の掌サイズ」が基本となり、お腹の前面部分だけなら、2回分を打ってお腹前面全てをカバーできるようになります。

効果が出やすい箇所とは言え、やはりお腹の脂肪を溶かし出すにはある程度の回数と料金が必要です。

クリニックによってはトライアルとして安い料金で施術ができるところもあるので、そういうものを利用するのも良いでしょう。

また、施術料金の多くは薬剤1ccあたりの金額を示しています。一度にどれくらいの範囲にどれ位の量の薬剤を注射するのか。回数も4回~6回程度注射を繰り返すことを勧めているクリニックが多いです。薬剤の種類によっても金額や施術、回数が変わってきます。これらを総合して金額が変わりますので、実際にクリニックで説明を受けてから検討してみるのが良いでしょう。また、脂肪溶解注射の効果も従来の薬剤では2~3週間、長くて3ヶ月BNLSでは早ければ3日程度で効果が現れると言われています。

自分のライフスタイルや希望に合った施術をしてくれる信頼できるクリニックを探してください。

また、施術した日は薬剤によって、むくみが生じます。そのため水分が不足してしまいがちになります。できれば白湯を1リットル、BNLSの場合にもコップ2杯程度多めに摂るようにしましょう。

そして脂肪溶解注射の効果を助けるよう、1日30分程度の運動をするように心掛けましょう。マッサージが良いとも、薬剤によっては逆効果になる事もあります。医師の指示に従って下さい。

安く効果のあるクリニックはこちら>>

ビフォーアフター画像

このサイトは名古屋で脂肪溶解注射を得意とするクリニックの情報を集めたサイトです。こちらの画像は、いちおしクリニックのビフォーアフター画像。この効果の理由を、ぜひ公式サイトでチェックしてみてください!

サイトマップ