にっくき脂肪を撃退!名古屋の脂肪溶解注射クリニックBEST5 本当に効果のある脂肪溶解注射クリニックを探せ!名古屋編
HOME » 部位別の脂肪溶解注射の効果とは? » 名古屋でできる小顔注射~顔の脂肪溶解注射とは?

名古屋でできる小顔注射~顔の脂肪溶解注射とは?

名古屋のクリニックで脂肪溶解注射を受けたいと考えている方に向けて、こちらでは顔の脂肪溶解注射の効果についてご紹介します。

顔の脂肪溶解注射で評判のいいクリニック3選

ここで、顔の脂肪溶解注射でおすすめの名古屋のクリニック3院を紹介します。是非参考にしてみてください。

表参道スキンクリニック

表参道スキンクリニックは経験や実績が豊富な医師がたくさん在籍していて、安心して治療を受けられることは大きなポイントです。最短でも1時間のカウンセリングを行っているのも人気の理由。徹底したカウンセリングを行ったうえで、患者さんの希望に合わせた最適な施術を提案してくれます。

術後のアフターケアの料金も手術料金に含まれていますので、不安の点や不明点などがある場合、気軽に相談することができます。

表参道スキンクリニックで受けられる顔脂肪溶解注射:BNLS脂肪溶解注射

BNLSは小顔のための脂肪溶解注射で、主成分は植物から抽出したものです。脂肪溶解作用と肌の引き締め作用、リンパの循環作用により短期間で小顔を実現できます。

さらに、BNLSによる小顔形成は、注入部位に痛みや腫れがほとんど発生しないため、ダウンタイムがなく、すぐに日常生活に復帰できます。

値段:9500円(1本)

公式サイトをチェック

聖心美容クリニック

聖心美容クリニックは美容外科として20年もの歴史があり、日本国内に9院、海外に1院を展開しています。日本を代表する大手美容外科クリニック。医師の技術力にこだわっており、在籍している医師はみんな豊富な経験を持っています。さらに、クリニックの設備が整っており、広いカウンセリングルームも特徴です。

聖心美容クリニックの顔の脂肪溶解注射:メソ・サーモ・セラピー

メソ・サーモ・セラピーは、脂肪溶解注射に、「インディバCET(高周波温熱トリートメント)」を組み合わせた、聖心美容クリニックオリジナル痩身プログラムです。ホスファチジルコリンを配合した脂肪溶解剤を利用し、顔の脂肪細胞に浸透・溶解します。さらにインディバCETの高周波の深部加温効果により、脂肪の燃焼を促進します。

値段:26,000円~

公式サイトをチェック

エースクリニック

エースクリニックは名古屋にある脂肪吸引を専門的に扱っているクリニックです。カウンセリングは技術力がたかく、経験豊富の医師が担当していますので、適切なアドバイスをもらえます。

エースクリニックの顔の脂肪溶解注射:BNLS脂肪溶解注射

BNLS注射は韓国で開発され、最近流行している新しいタイプの脂肪溶解注射です。痛みがわずかで、ダウンタイムなしで安全にお顔の脂肪を落とせることは人気の理由です。小顔ボトックス注射などの施術を組み合わせるとさらに効果的。

値段:17,280円(1シリンジ)

公式サイトをチェック

脂肪溶解注射とは

脂肪溶解注射は20年程前からヨーロッパを中心に行われてきた施術方法です。脂肪吸引手術と異なりメスを使わないので、施術してから回復するまでの、いわゆる「ダウンタイム」が少なくて済みます。美容整形の施術では、術後に腫れや痛み、内出血などを伴うものもありますが、脂肪溶解注射は比較的術後の症状が軽いと言われており、気軽に施術できるというイメージを持たれている方も多いのではないでしょうか。しかし実際のところ、従来の脂肪溶解注射に使用されていた薬剤は腫れや痛みを伴い、通常少なくとも数日間は術後に症状が出ます。結局、メスは使わないけれどもダウンタイムは必要です。そのため、薬剤の安全性に問題はないとしても、顔に脂肪溶解注射を注入するのは諦めていたという方も多かった様です。

近年、腫れや痛み、内出血などの症状が従来の脂肪溶解注射の薬剤よりも少ない、BLNS(BNリポスカルプティング注射)が開発され、注目されています。「顔用の腫れない脂肪溶解注射」として多くのクリニックでも採用され、それまで避けられていた顔への脂肪溶解注射が可能になりました。注目されるのは術後の症状が軽減したことだけではなく、BLNSの成分が植物由来で安全性が高いということ。成分の一つであるヒバマタは、新陳代謝を活性化する効果があり、脂肪燃焼をサポートします。また老化防止にも効果があるといわれています。それに加え、脂質代謝を高める働きがあるアミノ酸でのチロシンなど7つの有効成分によって、脂肪を分解し、血液やリンパを循環させ、肌を引き締めます。現在ではBNLSだけではなく、同様の成分と効果がある他の薬剤を採用しているクリニックもあります。

このように、体にも優しいというイメージから、脂肪溶解注射を受けたいという方が増加しています。

顔の脂肪溶解注射の効果とは

新しい薬剤の開発によって、身近になってきた顔の脂肪溶解注射。その効果はどのようなものがあるのでしょうか?

顔はダイエットで脂肪を取ることが難しいと言われている部分なので、脂肪溶解注射では特に人気が高い部位となっています。特に下あごや頬、フェイスラインなどはダイエットでは痩せにくく、脂肪によるたるみなども、なかなか落とせません。その理由は、顔には筋肉が少なく、脂肪が燃焼しにくいからと言われています。また、血行が良くない場所でもあり、むくみの原因にもなります。そう考えると、顔の脂肪やたるみを取るということは、実際のところ自力では難しいといえます。

顔の脂肪溶解注射は主にBNLSと呼ばれる薬剤を脂肪を落としたい部分に直接注入するという施術を行いますが、一言で顔への脂肪溶解注射といっても、注射を打てる場所は細かくわかれていて、顔のどこに打つかでその効果は様々です。脂肪が落ちて細くなる、すっきりするというだけではなく、注射する場所によって、自然に「顔のラインを整える」効果があるというところも、人気の理由です。

BLNSは腫れや痛みが従来の脂肪溶解注射の薬剤に比べて少ないのですが、その分効果も出にくいと言われていました。しかし更なる薬剤の改良などによって、個人差はあるようですが、効果を確実に感じる事ができるようになってきました。

こちらでは顔の脂肪溶解注射の主な効果を5つご紹介します。

余分な脂肪を取り除いて小顔になれる

顔で脂肪がつきやすい部分と言えばやはり輪郭周りや頬ですが、頬から頬の外側にかけて脂肪溶解注射を打つことで、顔を一回り小さくすることができます。

更に小顔になれるだけではなく、頬の横にある余分な脂肪を取り除くと輪郭にシャープさが出てくるので、より引き締まった印象の顔になるでしょう。丸顔だったのに輪郭がスッキリして印象が変わったという声も聞かれます。

頬の外側からアゴ下、そしてほうれい線の近くの頬の脂肪やたるみにお悩みの方は、に脂肪溶解注射を打つことで、かなりの小顔効果が期待できます。

回数の目安

施術回数や使用する薬剤の量などは個人差がありますが、目安としては1〜2週間の間隔を開けて3回というのが目安と考えましょう。使用する薬剤はBNLSの場合、1本1.0ccを1回の施術で6本というのが平均的な量です。もちろん、脂肪の量によっては1回の施術で10本使用するという方もいます。

注射は1本を数箇所に分けて注射していきます。ですから、たとえば片頬に3本注射を打つ場合、12箇所程度に分けて少量づつバランスよく薬剤を注入していきます。

「注射による施術は、高度な技術を必要としないので手軽」などという人もいますが、そんな手軽なものではありません。顔のラインに違和感が出ないよう、どの部分にどれくらい薬剤を注入するか、医師の技術と経験によって仕上がりに大きな差が出ます。BNLS注射に限らず、注射による施術でも、多くの不満や失敗例なども存在することも事実です。「左右のバランスがおかしくなってしまった」「たるみが治るといわれたのに、余計たるんでしまった」「痩せこけてしまった」など、被害を訴える人も増えています。多くの症例数をこなしている経験豊富な医師に施術をお願いするようにしましょう。

効果は?

効果に関しても個人差はあるようですが、3日〜1週間程度で効果を感じるのが一般的です。そのため、2回目の施術以降に効果を感じ始めたという方が多いようです。

BNLS注射の薬剤の中には、代謝を促進する働きを持つ成分が含まれていますので、施術後は医師のアドバイスにしたがって、マッサージや有酸素運動などをすることで、より薬剤の効果が得られます。

顔への脂肪溶解注射はリバウンドしにくいともいわれています。体重変動があっても、脂肪溶解注射を打った箇所は元に戻りにくくなるといわれていますが、油断は禁物です。

二重アゴを解消できる

二重アゴの原因

骨格によるもの

下顎が小さい、引っ込んでいるなどの骨格が原因となっていたり、歯の噛み合わせが悪かったり、顎関節の歪みなどから上下左右の顎を均等に使っていないことも二重アゴの原因になることがあるそうです。

たるみによるもの

加齢とともに、皮膚の組織内にあるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など、肌の弾力を生み出している成分が減少します。また、紫外線や乾燥などによるダメージを受けることでこれらの美容成分を生成する力が弱まります。また、筋力の低下によることもあります。

脂肪によるもの

体全体の脂肪量が増えれば、顔にも脂肪がつきます。脂肪が顎につくことによって、たるみの原因にもなります。

「顔は痩せない」といわれる部分ではありますが、体の脂肪量の減少とともに顔の脂肪量もある程度は減少していきますから、全体的に痩せることがポイントです。そのうえで、自力では落としきれない顔の脂肪を脂肪溶解注射で落とすというのが良いでしょう。

あご下の脂肪量が大量であると、脂肪溶解注射ではなく、脂肪吸引を勧められることがあります。

むくみによるもの

リンパの循環が滞ってしまうと、体内の余分な水分や老廃物が排出されないため、むくんでしまいます。塩分、アルコールは適量に摂取することを心がけ、運動や体を温めることも大切です。生活習慣によってある程度改善することもできます。

以上のように二重アゴの原因は、さまざまですが、ほとんどの場合、上記の原因のうち複数が 当てはまるという方がほとんどです。

そして顔への脂肪溶解注射は、二重アゴを解消させるためにも最適な方法です。 顔の脂肪溶解注射の中でも人気が高いのがアゴ下への注射で、この部分に脂肪溶解注射をすることによって二重アゴを改善し、横顔をすっきりとした印象にすることができます。

骨格が原因の二重アゴは、脂肪溶解注射では改善することはできませんが、脂肪やたるみ、むくみなどが原因である場合には、脂肪溶解注射が効果を発揮します。

二重アゴを解消するとアゴ周りの輪郭がはっきりして、シャープな印象になるので、見た目年齢はぐんと下がりますし、小顔効果も抜群です。

だんご鼻やにんにく鼻を解消できる

「鼻に脂肪溶解注射!?」という驚きの声を聞きますが、実は鼻は脂肪溶解注射の効果を感じやすい部分です。

鼻には脂肪がついていないと思ってしまいがちですが、鼻の軟骨の上に脂肪がついて、鼻が丸くなってしまっている方もいます。

そういう方は鼻先や鼻筋、小鼻に脂肪溶解注射を打つことで、鼻の形をすっきりとスマートにすることができるのです。鼻への脂肪溶解注射で、最も効果があるといわれているのがこのように柔らかく、脂肪がついている部分です。

たとえば、だんご鼻の方は、鼻先の軟骨を囲むように脂肪がついていることが多いので、脂肪溶解注射で鼻先を中心に薬剤をバランスよく注入していくことで脂肪を溶解させ、鼻筋がすっきりします。鼻の高さは変わらなくても、鼻先が小さくなりますので少し高く、引き締まった印象になります。

小鼻が張っている鼻を、にんにく鼻といいます。にんにく鼻は、小鼻の部分に脂肪がついて大きく広がって見えますから、小鼻に脂肪溶解注射を打つことで横幅が小さくなります。鼻の穴も小さくなり、すっきりと上品にみえます。

鼻先や小鼻と並んでおすすめの部分が、鼻筋です。鼻筋に脂肪溶解注射を打つと、はっきりとした印象の顔になります。鼻は小さくシャープな印象の方が、彫りも深く見えますから、少しの変化でも印象が変わって見えます。

そのため、鼻の形を改善したい場所(鼻先または鼻筋)に加えて鼻筋にも注射することで、鼻全体がだいぶ小さく、すっきりとしてきます。

鼻への脂肪溶解注射のメリット

鼻への脂肪溶解注射のメリットは、まず施術回数の少なさにあります。お腹や二の腕、太ももなどに比べて、脂肪の量が少ない顔は、脂肪溶解の薬剤の量も施術回数も少なく、効果が現れやすい場所です。そのため早い人で、1回の施術後すぐに効果を感じるということも珍しいことではありません。一般的に3回程度で効果を感じるという方が多いようです。

そのため、治療期間も短くて済むということもメリットです。治療期間というのは、施術のことだけではなく、ダウンタイムも含めた期間です。メスを使用しての手術では、痛みや腫れ、内出血などの症状もありますし、縫合しているため、バンドなどで傷の部分を保護しなくてはなりません。このようなダウンタイムのことを考えると、手術に踏み切れないという声も多くあります。しかし、顔への脂肪溶解注射なら、痛みや腫れなど術後によくある症状なども、ほとんど感じることはありません。傷口を保護するためのバンドや包帯類などのように目立つこともありません。太ももやお腹体の部分によっては衣服などで隠すこともできますが、やはり顔は目立つので、周囲から気付かれることなく施術できるというのは、大きなメリットです。

また、BNLS注射とヒアルロン酸注射を組み合わせるという施術も可能です。すっきりさせたい箇所にBNLS注射を使用し、鼻筋などの高さをヒアルロン酸注射によって出します。そうすることでよりすっきり、はっきりとした印象になります。

鼻の形を変えるというと整形手術の分野というイメージがありますが、鼻の脂肪のつき具合によっては、脂肪溶解注射でもかなり顔の印象を変えられます。

まぶたの腫れぼったさを解消できる

腫れぼったいまぶたの原因

骨格によるもの

上まぶたの上部にある骨が出ていると、まぶたも出っ張って見えるため、腫れぼったく見えてしまいます。

たるみによるもの

二重アゴの原因と同様、加齢によるもののほか、まぶたの場合は二重のりやアイメイク、コンタクトレンズ、スマホやPCなどを長時間使用することなども原因になります。

脂肪によるもの

東洋人はまぶたの皮膚や筋肉が西洋人と比較して厚みがあるので、脂肪ではないということもありますが、脂肪が原因である場合には、脂肪溶解注射での施術が効果を発揮します。

むくみによるもの

二重アゴの原因と同様なので、食事、運動、睡眠時間などの生活習慣を見直すことである程度は改善できます。

眼球の位置によるもの

眼球が前に出ている傾向にある方の場合、まぶたも前に押し出されるので、腫れぼったく見えてしまいがちです。

顔への脂肪溶解注射というと、頬やアゴ下にされる方が多いですが、まぶたに打つことによってまぶたの脂肪を除去して腫れぼったさをなくすことができます。

まぶたの脂肪量は顔の中でも多くはありませんが、まぶたの脂肪を取り除くことで、奥二重の方でも幅広の二重を実現することができ、更に目の周りがスッキリするので、瞳が大きくみえます。

整形手術でもプチ整形でも二重整形はとても人気の高いメニューですが、まぶたについた脂肪やたるみが原因で目元が腫れぼったく、小さくみえるという様な方、脂肪溶解注射で同じような効果を期待できるでしょう。

顔のたるみが少なくなる

これは本来、脂肪溶解注射においては期待される主な効果ではないのでしょうが、顔の脂肪溶解注射として使用されている薬剤であるのBNLSには「肌を引き締める」という作用があると言われています。

例えばほうれい線周りに脂肪溶解注射を行うことで、たるんだ頬に乗った脂肪が溶け出して、お肌の引き締め効果によってほうれい線が目立たなくなるといった効果が期待できます。

ダイエットによって、また、痩せている方でも加齢によるコラーゲンやエラスチンの減少によって皮膚の弾力が低下することで脂肪が下垂してしまい、たるみは生じます。そのような方にも、引き締め効果のあるBNLSは、注射した部分に直接作用しますので、おすすめです。

また、BNLS注射はリンパや血液の循環を促進する作用もありますので、むくみなどの改善や、皮膚のターンオーバーにもつながります。そのため、美肌やアンチエイジングなどの効果もあるといわれています。

脂肪溶解注射がおすすめの理由は?

小顔効果を出すには脂肪溶解注射がおすすめですが、その理由として次のようなものが挙げられます。

  • 効果を早く感じることができる
  • 施術時間やダウンタイムが短くて手軽
  • メスを入れないので傷痕が残らない
  • 腫れや痛みがほとんどない
  • 鼻のラインや目の大きさ、フェイスラインなどに自然なボディメイク効果を得られる
  • リバウンドをする可能性が低い
  • 脂肪吸引手術と比較して、料金が安価
  • アフターケアの必要がない

体と違って顔は隠しようがありませんから、ダウンタイムが短い、腫れや痛み、内出血などの術後の症状がほとんどないというのは非常に大きなメリットです。施術中や後の痛みも殆どなく、施術直後は少し顔に赤味が出たり、内出血する方もいるようですが、メイクで隠せてしまう程度です。従来の脂肪溶解注射を顔に注入するとおたふく風邪のように顔が腫れてしまい、数日から1週間、長い人では1ヶ月も腫れが引かなかったという事もあったようです。これでは日常生活にも支障が出てしまいますよね。

そして整形手術や脂肪吸引手術のようにメスを使う訳ではありませんので、施術した痕がほぼ残らないというのも魅力のひとつ。施術直後はポツポツとした発疹のようなものが少し現れる事もあるようですが、これもメイクで隠せてしまう程度であるようです。

更にまぶたの脂肪を取って二重になった場合でも、同じくメスを使わないプチ整形だと永久的な効果ではありませんが、脂肪溶解注射は余程の体重の増減がない限りは半永久的な効果が得られます。マッサージやエステなどでも小顔効果のあるプログラムなどはありますが、確かにリンパの流れや血行を促進したり、引き締めやしわに効果がある成分を含んだ美容液などを使用することで一定の効果はありますが、一時的なものです。脂肪溶解注射のように脂肪細胞を減らすことができる訳ではありませんので、根本的な小顔、ひきしめなどの確実な効果を得るには、やはり医療的にアプローチすることがおすすめです。

また、最近の顔への脂肪溶解注射は術後のケアなどの必要がない薬剤を使用しています。術後メイクや運動、飲酒なども可能です。

脂肪溶解注射をした後、腫れなどが落ち着いたらマッサージすると効果的と言われていますが、使用する薬剤によってその必要がなく、むしろ逆効果になってしまうこともありますので、自己判断をせず、医師のアドバイスに従いましょう。

体よりも脂肪の量が少ない顔は効果が早く表れる部位と言われており、施術回数が少なくても手軽に様々な効果が得られるのでおすすめです。たとえば、太ももの脂肪吸引手術の場合、2000cc~3000ccもの量を吸引することも珍しくありませんが、顔の場合は通常数十cc~多くても数百cc程度です。

手軽に施術できるようになった顔の脂肪溶解注射。だからこそ、気を付けて頂きたいことがあります。太ももなどと異なり顔は、目、鼻、口元、頬骨、顎など細かな凹凸があります。些細な左右差や周囲との違和感も目立ってしまう場所でもあります。このように脂肪量が少なく脂肪の層も薄い、そのうえ凹凸のある顔を施術する事は、医師の繊細な注入技術を要します。美容整形の施術の中でも豊富な経験に基づく高度な技術が必要とされるボディーメイクの領域。しかも顔ですから、信頼できるクリニックを選んで頂きたいと思います。名古屋にも顔への脂肪溶解注射を行っているクリニックは数多くありますので、まずは使用する薬剤や術後のこと、そして施術する医師の知識や経験、技術が信頼できるかどうかなど、納得いくまで話を聞きましょう。

顔への脂肪溶解注射にかかる時間と費用は?

顔の脂肪溶解注射は、1回の施術時間は約5分程度ですが、その前に麻酔クリームを塗ったり、クリームが浸透するのを待ったりする時間があります。

麻酔クリームが浸透するまでの時間はおよそ15分ですから、施術時間とあわせても30分以内には終わる場合が多いでしょう。

顔は体に比べて脂肪が薄い箇所なので、1回の施術でも充分な効果を実感される方もいますが、脂肪量などの状態によって個人差があります。平均すると3回〜4回程度の施術になることが多いようです。

料金は1回分の施術でおよそ30,000円~60,000円程度が相場なのではないかと思われますが、薬剤の量や注射する部位などによって価格が異なるため、事前にカウンセリングなどで、よく確認して下さい。

使用する薬剤の量は、平均して30~40cc程度という方が多い様です。この量を2回~3回に分けて注入するというイメージです。(脂肪量が多い方は薬剤の注入量も増え、数100cc程度である様です。)薬剤の価格は、クリニックのホームページなどを見ますと1ccいくら、という表示があり、初回特別価格で何ccまではいくら、初回は何本でもいくら、などと書かれています。正確な金額はクリニックで直接カウンセリングをしてみないと分かりませんが、およその金額の目安を知っておけば安心ですね。

効果を発揮させるために気をつけるポイント

脂肪融解注射は、他の体の部位よりも、気兼ねなく受けることができる点が特徴です。

しかし、効果を最大限に発揮させるためには、気をつけるべきポイントがあります。

もちろん、顔にもともと脂肪がついていない人や、脂肪がつきにくい人は注射を数回行っても効果が感じられないこともあります。

しかし、気をつけるべき最大のポイントは、クリニック選びです。

良いクリニックに出会うことが、効果を最大限に発揮させるために必要です。

お手軽な注射であるし、メスを使わないのに何故、クリニックを選ぶ必要が? と思うかもしれませんが、次のようなことが考えられるからです。

1、医師の技術によって、差が生じる

実は、注射といっても医師の技術次第で大きく差が出てきます。

例えば、技術が確かな医師であれば、注射すべき箇所を熟知しているため腫れも起きず、効果が高いものを得られます。

しかし、技術がいい加減であると効果が少なく、手術中に痛みがあることもあります。

2、脂肪融解注射に対して知識は豊富か

注射なので、知識がなくても医師であれば打つことが可能です。しかし、不得意分野ということもあります。これが、その分野の専門家であれば、注射でも今最も良いとされているものを注射することだって可能です。この知識が豊富かを判断するのは、医師の論文です。医院長の名前で論文を検索してみてどれくらい発表しているかを見つけるのも1つの指標であると言えます。

3、カウンセリングを親身に対応してくれるか。

美容整形で大切なのは、カウンセリングです。注射といっても立派な整形手術になるので、カウンセリングもしっかり対応してくれるか注目しましょう。もし、適当にされてしまったり、いい加減な説明しか行わなければ受けない方が良いかもしれません。

大切なのは、親身になって丁寧に対応をしてもらうということです。

体験談を参考にしよう

実際に、脂肪融解注射を受けた人は、一体どんなことを感じていたのでしょうか。

脂肪融解注射を実際にクリニックで受けて、体験者が感じたことを中心に紹介していきましょう。

20代女性Aさん

注射後も、気にせず元の生活を継続出来た。

二重アゴが気になって、何とかこの二重アゴを解消したいと思い脂肪融解注射を受けることを決意しました。私の場合は、ボトックスとBNLS注射を体験。
注射が痛いと聞いていましたが、チクっと感じる程度で全く痛いと思いませんでした。

終わったあとに顔を見ると一時的に顔が丸くなってしまったのと、注射のところに小さなあざが出来てしまったことが気になりましたが、化粧やマスクをすれば分からない程度だったので、あまり気にならないと思いました。まだ1回目の注射なので、効果がどこまであるのかよくわからない部分もありますが、今後良い結果になれば良いなと思いました。

30代女性Bさん

初めての注射なので、すごく緊張してクリニックを訪れました。

私は、脂肪融解注射を受けるのが初めてだったのですが、そのことを伝えると、どんな薬を使って、どのような治療を行うのかしっかり説明してくれました。また副作用や注射後の体の変化についてもしっかり解説してくれたので、カウンセリングを受けた後、不安はありませんでした。

手術はすごく早く終わって、5分くらいだったと思います。注射をされて、チクっと痛みがあったと思ったらもう終わっていました。治療後の腫れの心配もあまりなく、次の日には脂肪融解注射の腫れはかなり収まっていました。クリニックにもよるかもしれませんが、私の通ったクリニックの先生はとても親切にカウンセリングをしてくれたので安心して治療を受けることが出来たと終わった後思いました。

30代女性Cさん

フェイスラインの脂肪にコンプレックスがあって、色んなことを試して何とか目立たないように努力をしていました。それでもなかなかうまくいかず、ダイエットをして体重を落としたとしても、顔の周りの脂肪を落とすことは出来ずにいました。そこで、何とかしたいと思い脂肪融解が期待出来るBNLSにしました。

元々BNLSの方法は、知っていました。ですが、効果が出る人とそうでない人がいるということで敬遠していましたが、ここ最近では新しいタイプのBNLSもあるということで先生から詳しく説明を受けました。

ただ、私のクリニックでは、新しいタイプのBNLSにするように半ば強引に持っていかれたのが気になりました。クリニックでもし同じ治療でも高い方を勝手に選択されてしまうことがあるので、気をつけるべきだと思いました。

手術は、5〜10分程度で、注射を何度か顔にして終了でしたが、特にトラブルがなく終えることができました。私の場合、顔の作りに問題があるのかわかりませんが、効果があまり見られませんでした。

先生には、本数が少なかったからと言われましたが、人によっては全く効果がない場合もあるので、絶対に改善されるという気持ちよりかは、試してみよう! で受けた方がショックは軽減されるのかな?と思いました。

20代女性Dさん

継続することで、効果が現れた

以前から、脂肪融解注射が気になっていて、思い切ってやってみることに。

注射はあっという間に終わって、注射後にちょっと腫れが現れました。

でも、メイクでごまかせたのと3日程度で腫れも引いたのであまり気にはなりませんでした。

ただ、注射をして1〜2週間で効果があると言われていたのに全く小さくなる気配がなかったので再度注射をすることに。前よりかは効果があったのですが、それでもほんのちょっとの変化です。

今後も続けていく必要がありそうですが、1回だけの注射で効果が出るのではなく、何度か継続的に注射をする必要があるものだと思いました。

人によっては、1回で現れる人もいると思うので、とりあえず気になったら1度やって見ると良いと思います。

20代女性Eさん

医師と相談しながら、注射回数を決めました。

フェイスラインが元々気になっていたため、脂肪融解注射を受けたいと思いました。

クリニックを選んだ基準は、ホームページと価格です。

ホームページに、脂肪融解注射がどのようなものかという解説を丁寧にしていたので好感が持てました。

注射を受けた際、体に痛みがあるというよりかは、何か液体が入って行っているなという感覚でした。手術が終わって、数日経ったくらいから顔が少し小さくなった気がします。

でも、まだ効果が出ているとは言えないと思います。私の場合、カウンセリング時に注射を何度もすると効果が出るまでに膨大なお金がかかってしまう可能性があるため回数を決めてそれで効果が出なかったらあきらめると決めました。

先生からこのような提案があって、本当に良かったと思います。

もし、効果のことで悩んでいる人がいたら、回数をカウンセリング時に決めるのも1つの方法だと思います。ちなみに、私の場合は3回でした。2回を終わった後でかなり効果が生まれてきているので、期3回目で必ず大きな効果が得られると信じています。

まとめ

いかがでしたか。脂肪融解注射は、小顔効果が期待出来て今後も注目していきたい治療方法ですが、今のところ、効果が出る人とそうでない人がいます。

いくら、確かな技術を持っている先生が担当をしても、全く効果を得られない場合があります。

この注射には、そのようなリスクもあると認識した上で治療を受けるべきか選択した方が良いかもしれません。また、不安な人であれば、実績が豊富なクリニックに足を運び、自分は効果が出るのかそうでないのか意見を聞くだけでも良いかもしれません。

正しい知識を持った上で、治療に臨みましょう。

脂肪溶解注射を受けるならおすすめのクリニックはこちら

ビフォーアフター画像

このサイトは名古屋で脂肪溶解注射を得意とするクリニックの情報を集めたサイトです。こちらの画像は、いちおしクリニックのビフォーアフター画像。この効果の理由を、ぜひ公式サイトでチェックしてみてください!

サイトマップ