にっくき脂肪を撃退!名古屋の脂肪溶解注射クリニックBEST5 本当に効果のある脂肪溶解注射クリニックを探せ!名古屋編
HOME » 部位別の脂肪溶解注射の効果とは? » 鼻の脂肪溶解注射の効果

鼻の脂肪溶解注射の効果

鼻

「脂肪溶解注射を鼻に!?鼻に脂肪なんてついているの?どんな効果があるの?」そう思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

脂肪溶解注射と言うと、気になる脂肪がたくさんついたお腹やお尻、太ももなどに注入したり、顔の輪郭周りや頰、顎などに注入する、そんなイメージを持たれている方が多いと思います。

でも実は、鼻は脂肪溶解注射注射の中でも注目を集めている場所です。

名古屋のクリニックでも脂肪溶解注射で人気の部位である鼻。こちらでは鼻の脂肪溶解注射の効果についてご紹介します。きっと、今までの脂肪溶解注射のイメージが変わると思います。それでは見ていきましょう。

美容整形がとても身近なものになってきている

少し前までは、美容整形というとかなり敷居が高く、周囲からのイメージもあまりよくないような印象が強かったのですが、最近では「プチ整形」という言葉も生まれるほど美容整形が身近なものになり、多くの人が顔や体のコンプレックスを美容整形で克服しています

特に韓国は美容整形を気軽に行っている国として知られており、鼻や目のプチ整形はまったく抵抗なく受けているようです。[注1]

両親からのプレゼントとして美容整形の費用を出してもらう家庭もあるようですから、その手軽さが伺いしれますね。

美容整形は顔やボディなど前身の部位を行うことが可能ですが、顔の美容整形で考えた場合、もっとも強いコンプレックスを持っているのは「目と鼻」なのだそうです。

目の美容整形は特に手軽で、切開をせずに一重まぶたを二重まぶたにできる「埋没法」を比較的安価な費用で行うことができるため、韓国はもちろん日本でも多くの女性が施術を受けています。

鼻にコンプレックスを持っている人も多く、鼻の美容整形は骨を削ったり、皮膚を切開して行わなければならないイメージが強いですが、最近では「BNLS注射」という脂肪溶解注射を鼻に行うことで、理想の鼻に近づけることができる施術が注目されています。

[注1]東北大学:美容整形意識の日韓比較

BNLS注射とは?

BNLS注射は、脂肪が気になる部分に注射することで、皮膚を切らずとも脂肪を分解して体外に排出できる施術です。

ボディはもちろん、顔にも使用できるので、小顔になりたい人が手軽に受けることができます。

頬の脂肪が気になる人や、まぶたの脂肪が気になる人は、その部位にBLNS注射をすることで、脂肪が減少し、すっきりしたイメージになります。

小鼻に脂肪がたくさんある人は、BNLS注射を打つことによって鼻の脂肪が現象し、鼻を小さくすることが可能です。

BNLSのメリットは、今までの脂肪溶解注射とは異なり、腫れが少ないという点です。

ボディであれば衣服で腫れを隠すことができますが、顔の施術だとマスクをしていても食事のときは外さなければなりませんし、人目にさらさなければならない場面が多いです。

腫れが少ないということは、ダウンタイムも少ないということなので、仕事などの日常生活に戻れるまでの時間が少ないという大きなメリットがあります。

また、細かい部分を調整しながら治療できるので、鼻や目、口周りなどの顔にも適した注射です。

なにより、皮膚を切らなくとも手軽に脂肪を減少させることができる点が、もっとも大きなメリットだといえます。

BNLS注射の効果

BNLS注射は、小鼻のような細かい部位であっても1回だけの治療ではなく、数回受けることで目に見る効果が期待できるといわれています。

1、2週間ごとに4、5回ほど施術をすることで、理想の鼻に近づくことができるようです。

例えば、鼻全体をすっきり見せたいときには、1回目と2回目の治療では鼻頭に2本ずつBNLS注射を打ち、3回目で小鼻に2本、というような流れで治療を行います。

効果が出てくるのはおよそ1ヶ月ほどとされており、時間が経過するごとに鼻がすっきりと小さくなってきて、小鼻や鼻頭の膨らみが小さくなってきたことを実感できるようです。

治療の際には基本麻酔などは行わずに施術に入りますが、痛みに弱い人は必要に応じて麻酔を追加してもらえます。

BNLS注射の効果は、見た目が劇的に変わるというものではありません。

しかし顔のパーツは1mm以内の変化でも、かなり印象が変わるもの。

他人に気づかれることなく鼻の形を改善したいという人にとって、BNLS注射はおすすめの施術だと思います。

誰が見ても分かるように鼻の形を変えたいという人は、BNLS注射と並行してほかの施術を取り入れているようです。

洗顔やメイクなどは当日から可能で、入浴も問題ないので、ダウンタイムはほぼないといってよいでしょう。

注射針の痕が残ることがありますが、長くても2日ほどで消えるので心配ありません。

当日はサウナや飲酒など血流がよくなりすぎるような好意は避け、施術後2、3日は激しい運動を避けてください。

またBNLS注射の成分の関係で、くるみアレルギーを持っている人、授乳中もしくは妊娠中の人、感染症にかかっている人は施術を受けることができません。

BNLS注射を受ける際の注意点

BNLS注射は、あくまで脂肪溶解注射になりますので、鼻が大きいことが気になっている人で、その原因が脂肪以外の問題である場合には、効果が出ないことがあります。

例えば、骨が張ってしまっているために鼻が大きく見えてしまっている人は、BNLS注射で鼻を小さくすることは不可能です。

鼻の状態によって気になる原因が何なのかを判明できない場合、まずは皮膚を切らなくてよいBNLS注射を試したいという人も少なくありませんが、効果が出ないことがある点は覚えておきましょう。

しかし、手術で切開をすることに抵抗がある人はとても多く、ダウンタイムを気にすることなく鼻の形を改善できるBNLS注射は、とても画期的な施術だといえます。

脂肪溶解注射がおすすめの理由は?

だんご鼻やにんにく鼻の解消は他の整形手術でも行うことができますが、脂肪溶解注射にしかないメリットが多く存在しています。

  • 手術痕が注射の針痕のみで目立たない
  • 注射の針痕はすぐに消える
  • 効果が徐々に表れるので人に気づかれにくい
  • 半永久的な効果が期待できる
  • 腫れや痛みが数時間でおさまる
  • 当日からでもメイク可能
  • 施術料金が安価

やはり一番人目につく顔への施術ですから、施術痕が目立たないこと、すぐに腫れがひくことは大きなメリットです。

更に手術をする訳ではありませんので、注射痕もしばらく経てば消えますし、整形手術の様に一気に形を変えてしまうわけではないので、周囲の人に気付かれる可能性も低いでしょう。

また、脂肪細胞ごと除去することができるので、リバウンドをしてしまう可能性がかなり低いというのも魅力ですね。

料金も1回16,000円~20,000円ほどとお手頃価格で、クリニックによってはお試し価格として4,000円ほどで施術ができるところもあり、200,000円近くかかる整形手術とはかなりの差です。料金は薬剤1本(1cc)あたりいくら、と表示されているクリニックがほとんどです。

鼻への脂肪溶解注射の薬剤は主に腫れないと言われているBNLS、BNLS neoまたは同様の成分のものが使用されることが多いようです。薬剤によって金額が異なりますが、鼻の場合はごく少量ですので、注入箇所の数と脂肪量などによって異なりますが、およそ1回の施術で2〜4本分を注入し、施術回数は3回程度という方が多いようです。

切開による鼻の整形手術と比較すると、やはり手術後の生活(ダウンタイム)への不安がない分、脂肪溶解注射で効果を得られることは、画期的なことだと言えるでしょう。脂肪溶解注射の中でも痛みを感じやすいと言われる鼻ですから、切開することで生まれる痛みや腫れなどの負担を考えると、まずは脂肪溶解注射を検討してみたいという方が多いというのも納得できます。

鼻への脂肪溶解注射が効果的ではない人もいる

簡単に鼻の形を変えることができて、メリットがたくさんある鼻への脂肪溶解注射ですが、実は鼻に脂肪溶解注射を打っても効果を実感することができない場合もあります。

それは鼻の構造が原因となっていて、「鼻の軟骨が張っていて脂肪が少ない鼻」の方は効果を実感しにくいと言われています。

脂肪溶解注射は鼻の形を変えるためのものではなく、あくまでも鼻の脂肪を取り除く施術法なので、元々脂肪が薄いタイプの鼻の方には効果を発揮しにくいと言えるでしょう。

鼻の軟骨が原因で鼻が張ってしまっている方は、先に鼻の軟骨を取り除く手術を行ってから脂肪溶解注射を打つことで、鼻筋の通ったすっきりとした鼻を実現させることができます。

しかしこの場合は、結局切開をして骨を削るという、難易度の高い手術が必要になりますので、手軽にできるというわけではありません。ダウンタイムも当然1週間ほど見ておかなくてはなりません。鼻ギプスを装着して1週間過ごすことになりますので、事前の綿密な確認が必要となります

また、鼻の皮膚組織が硬く厚い方も効果が出にくいと言われています。 鼻への脂肪溶解注射が効果的な方は、鼻の皮下組織が柔らかく、脂肪を減らすことで形を整えることができる方、という条件があります。

また、切開による整形術をされた経験がある方は、鼻の組織が硬くなっていることが多く、負担もかかっているため、脂肪溶解注射による施術の効果が出にくいと言われています。それでも、切開手術を経験された方が、その仕上がりに満足できず、脂肪溶解注射を希望するということも多いそうです。手術後の負担と金額と効果。これら全て満足できる結果を得るのはなかなか難しいことで、優れた技術を持った医師と、事前の丁寧なカウンセリングは必須といえそうです。

鼻への脂肪溶解注射にかかる時間と費用は?

脂肪溶解注射で鼻をすっきりとさせるには、1回の施術時間はおよそ10分程度、通院回数は脂肪の量や柔らかさにもよりますが、早い方で1回で効果を実感できて、平均的に3回くらいで満足する結果になるようです

費用は前述した通り1回の施術で16,000円~20,000円ほどとなっており、お試し価格では4,000円ほどで施術可能なクリニックもあります。

それほど大きな変化がなくても、安い料金で少しだけ鼻の印象を良くしたいという方には、脂肪溶解注射がおすすめです。

鼻への脂肪溶解注射のススメ

脂肪溶解注射は従来の薬剤では腫れや痛みが1週間ほど続くものでしたが、腫れや痛みがほとんどないという薬剤の開発、改良などによって、さらに高い効果が期待できるようになってきました。

また、例えば鼻筋に硬度の高いヒアルロン酸を注入し、小鼻に脂肪溶解注射を注入するという複数の薬剤を使い分けることによって、より効果を実感できるようにもなっているようです。体質などによる個人差はありますが、薬剤の進歩と医師の高度な技術によって、メスを入れずに形を整えることができるようになりました。裏を返せば、薬剤と医師の質の高さが必要不可欠であるということです。

金額の安さで安易に施術をするクリニックを選ばないこと。「自分の大事な顔を託すのだ」という意識で、信頼できるクリニックを慎重に選んでください。

安く効果のあるクリニックはこちら>>

ビフォーアフター画像

このサイトは名古屋で脂肪溶解注射を得意とするクリニックの情報を集めたサイトです。こちらの画像は、いちおしクリニックのビフォーアフター画像。この効果の理由を、ぜひ公式サイトでチェックしてみてください!

サイトマップ