にっくき脂肪を撃退!名古屋の脂肪溶解注射クリニックBEST5 本当に効果のある脂肪溶解注射クリニックを探せ!名古屋編
HOME » 部位別の脂肪溶解注射の効果とは? » ふとももの脂肪溶解注射の効果

ふとももの脂肪溶解注射の効果

ダイエットを成功させるポイント

「痩せたい!」そう思い立ってダイエットを始めた。でも、食べたいものを我慢したり、運動もして、とても頑張っている割には、あまり効果が感じられなかったという経験をされたことがある方、いらっしゃいませんか?

また、顔などは丸くないので自覚もしていなかったけれど、年齢と共に何となく下半身が重く感じてきたり、セルライトができてしまっていた!という方はいらっしゃいませんか?

痩身の鍵を握るのは「基礎代謝をあげること」運動や食事の制限も心がけとしては大切ですが、いかに基礎代謝をあげるための工夫をするか、がポイントだそうです。

基礎代謝を上げるために

基礎代謝をあげるためには、筋肉をつけることと、体温をあげることが重要です。そのため、入浴やホットヨガ、サウナなどで体を温めたり、筋肉を意識して体を動かすのが効果的です。

スポーツクラブでも、ヨガやピラティス、ダンスエクササイズなどのスタジオプログラムで、「お正月太り解消!」などというプログラムを多数見かけることがありますが、時期的に太ってしまい、結局落ちないまま脂肪が溜まっていってしまうということもありそうです。あまり動かないのにどうしても食べ過ぎてしまいがちな冬は、汗もかきにくく、代謝も落ちてしまいます。そのため太るための条件がそろってしまう季節と言えます。

また、夏でも冷房の効いた部屋で過ごすことが多い現代人のライフスタイルでは、代謝が上がりにくく、結果として年間を通して痩せにくい生活習慣が身についてしまっているといえます。仕事が遅く、夜型の生活を送っている方も多いでしょう。忙しいので、手軽に食べられる偏った食事が多いという方もいらっしゃるでしょう。

現代のライフスタイルそのものが、痩せるということを困難にしてしまっています。

特に、太ももやお尻など部分的に痩せるのはとても難しく、自力でのダイエットには限界があります。

ダイエットで痩せるのが困難になってしまった人はどうすれば良いの?

ではダイエットにおいて痩せることに限界を感じてしまった人は、諦めなければならないのか?

そこで今、そんな人たちに対して注目されているのが「脂肪溶解注射」。脂肪溶解注射なら部分的な痩身も可能。痩せたい部分に直接アプローチでき、脂肪吸引手術のようにメスを使わないのでダウンタイムが少なくて済むと人気の施術法です。

こちらでは名古屋のクリニックでも人気の高い、ふとももへの脂肪溶解注射の効果についてご紹介しています。

どのようなメリットがあるのでしょうか?効果はあるのでしょうか?見ていきましょう!

ふとももへの脂肪溶解注射の効果とは

下半身ダイエット専門のクリニックもあるほど、ふとももを細くしたいと願っている女性は多いのでしょう。

そんなふとももに対して、脂肪溶解注射はどのような効果を発揮してくれるのでしょうか。

脂肪溶解注射とは?

脂肪溶解注射とは、元々は脂肪の中にあるセルライトを落とすために用いられた施術方法で、脂肪溶解注射を気になっている患部に打ち、脂肪自体を分解していくものになります。

まず、お伝えしておきたいのがいくらダイエットをしても、痩身エステに行ったとしても、脂肪溶解注射を打つこととの根本的な違いがあります。それは「脂肪細胞の数を減らすことができるかどうか」です。脂肪溶解注射の薬剤には何種類かの種類がありますが、脂肪細胞を破壊し、溶解するという働きを持っているため、脂肪細胞の数を減少させることができます。溶解された脂肪細胞は尿をとして体外に排出されるので体内に残ることはありません。

ダイエットや痩身エステなどで「痩せた」と思っても、それは脂肪細胞が小さくなっているだけなので、その一つ一つの脂肪細胞が大きくなれば、また元に戻ってしまいます(リバウンドした、という状態です)痩身エステでは、痩身器具にリンパマッサージなども含まれたメニュー構成で得ることが多く、効果は期待できそうですが、脂肪細胞の数が減らないという意味では、やはり根本的な改善はできていません。自分でもリバウンドしないための努力が必要です。

その点、脂肪溶解注射では脂肪細胞が減少するので、リバウンドなどもなく痩せたい部分の脂肪を落とせる施術であると言えます。ただし、脂肪溶解注射では何の努力もしなくても良いと思うのは疑問です。脂肪細胞が少なくなっても、残っている脂肪細胞が大きくなってしまってはリバウンドと同じような状況になりかねません。生活習慣の改善を心がける必要はあります。

希望の美脚にデザインできる

太ももの脂肪溶解注射は、多くの場合、部位として4か所に分かれています。ふとももの内側、外側、前側、後ろ側です。

部位が分かれていることによって、希望するところだけを細くできて、希望の形の脚になれます。

外ももに施術をすれば全体がスッキリとしたスマートな印象になれますし、内ももに施術をすれば憧れの「ふとももの間のすきま」を手に入れることができます。

もちろんふともも全体に施術をすれば、今の形のまま全体的にスリムにすることも可能。

ダイエットではできない「脚の形のデザイン」が可能なのが、脂肪溶解注射の特徴です。

頑固なセルライトをスッキリ解消

脂肪溶解注射の薬剤であるホスファチジルコリンは、元々セルライトの治療をサポートするための薬とされていました。

セルライトの治療をしていく中で、脂肪を溶かす効果があると発見されたのが、脂肪溶解注射の始まりです。

セルライトが普通の脂肪よりも取れにくいと感じるのは、コラーゲンの線維と老廃物によって、脂肪が固められているためです。太ももは、このセルライトが溜まりやすい場所です。老化した筋肉が原因で老廃物が溜まり、脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。そのため、一度できてしまったセルライトは自力でのダイエットでは落とすことは非常に困難と言えます。また、筋肉の老化と言っても、年齢と関係なく、10代の若年層であってもセルライトはできてしまいます。それが加齢による生活習慣の積み重ねや代謝が下がることで、よりセルライトができやすい体になってしまいます。

薬剤の成分であるホスファチジルコリンとデオキシコール酸が、コラーゲン繊維に絡めとられている脂肪細胞に浸透しながら溶かしていきます。

ゆっくりと溶けた脂肪細胞は、白血球や血液に吸収されて、老廃物として体外に排出されていくため、自然とセルライトがなくなっていきます。

セルライトがなくなると血液やリンパの流れも改善されるので、セルライトが出来にくい体質になれるでしょう。

施術後は、セルライトが出来にくい生活を心掛けると良いでしょう。セルライトはやはり、ダイエットと同様

  • 代謝を上げること
  • 脂質、糖質の摂りすぎに注意すること

大まかにいえば、この二つです。代謝を上げるのは、筋肉を鍛えることと体温を上げることですが、間接的にそれらの代謝を上げるために必要なことを阻害している生活習慣があります。例えば喫煙や座っていることが多い人なども、血流が悪くなり、老廃物が溜まりがちになります。それから、頑張って食事制限によるダイエットをしているという方も、脂肪と共に筋肉も落ちてしまっていることが多いので、注意が必要です。

血液やリンパの流れが改善されると他にも嬉しいことが

上記でセルライトがなくなると血液やリンパの流れが改善されると説明しましたが、具体的に改善されると、どんなメリットがあるのか説明していきます。

まずセルライトというのは太もも内に石のように大量に敷き詰められ、血液やリンパ液の通り道を妨害して、通行を妨げています。この通行の妨げによって、血液やリンパ液の流れが悪くなると老廃物が排出されにくい状態になってしまいます。

排出されなくなってしまうと、体には老廃物の中に含まれる毒素がどんどん溜まっていくわけです。

すると体の免疫力は衰え疲れやすくなったり、風邪を引きやすくなります。

またそれが引き起こす体の症状として、冷え性やむくみなどがあげられます。

しかし脂肪溶解注射によって、この大量に敷き詰められた石が溶けてなくなり、通り道が整備されればこれらの症状は全て改善されます。

それが今回紹介している脂肪溶解注射のただ脂肪を溶かすだけの効果ではなく、体を健康体に導く効果も期待できるというのがまさに、嬉しいことなのです。

特に女性はこれらの悩みを慢性的に持っている人が多いので、気になる脂肪を落としたついでに、女性特有体のトラブルを解消するのにもオススメです。

体に安心な成分の注射

上記で登場したホスファチジルコリンという成分ですが、自然由来の成分のため体には安心なものです。

その成分というのが脂肪を分散させる効果があり、大豆から抽出したものになります。

本来の用途としては、高血圧などの重篤な病気になるリスクを抱えている人にも用いられるものでしたが、それが脂肪分解においても非常に高い効果と、副作用のリスクの少なさがメリットとして挙げられます。

ただし大豆成分なので大豆アレルギーを持っている人には、使えません。

大豆アレルギーの人は、医師との相談が必要になります。

ヒップアップ&脚長効果

年齢と共にお尻とふとももの境目はぼんやりとしてきがちですが、ふとももの脂肪が少なくなると、お尻との境界線がはっきりとしてきます。

そのため、お尻に施術をしなくても、ヒップアップしたような効果が見られる場合もあります。

さらに、脚が細くなってふとももの裏側がすっきりと引き締まるので、脚長効果も期待できます。

ふとももに脂肪溶解注射の施術をするだけで、下半身がスリムに引き締まったように見える効果があるので、下半身に施術をするならふとももがおすすめです。

ダイエットとの向き合い方が変わる

上記で説明させてもらいましたが、ダイエットだけを行い、痩せたところで脂肪細胞の数は減っていないので一生ハードなダイエット生活を続けなければ、いずれリバウンドしてしまいます。

やはりダイエットというのは期間や目標体重などを決めて、一次的に運動や食事制限など厳しい状況に自分を追い込むので、とても辛いものになります。

しかしそれが一次的ではなく、一生続くとなると、どこかで緊張の糸が切れてしまうときがきてしまいます。

つまりダイエットをしたところで、その生活を一生続けるのは無理なことなのです。

そこであらかじめ脂肪溶解注射を打っておけば、脂肪細胞の数が減っているので一生厳しいダイエットで体型維持を行うことなく、適度な運動とバランスの良い食事さえとっていれば、リバウンドをする恐れがありません。

体型維持に対して、一生ハードなダイエットを行わなくてもいいというのは、肉体的にも精神的にもメリットと言えるのではないでしょうか。

手術をしなくて済むので安心

従来、脂肪細胞を一気に減らすとなると方法は、脂肪吸引しかありませんでした。

ところが脂肪吸引は大きなリスクを伴います。

第一に脂肪を吸引するだけなのにメスで体を切ることになる、完全な手術となっています。

麻酔を打ち、太ももを切開してその中に吸引器具を突っ込んで、脂肪を減らして行きます。

当然、切開した箇所に傷が残ります。

麻酔が切れると痛みを伴い、あざができる可能性もあります。

また術後に考えられるリスクとして傷口からの感染症を始め、太ももに不自然な凹凸ができる可能性や、脂肪の急激な現象により皮膚がたるむ可能性、太もも周りの神経が傷ついて痛みや痺れが残る可能性もあります。

しかし脂肪溶解注射ならば注射だけで済んでしまうので、大きなあざも傷も凹凸も皮膚のたるみも神経が傷つくことも感染症も心配することはありません。

時間を心配しなくても良い

脂肪溶解注射は、いわゆる術後のダウンタイムが少なく済むというメリットも非常に大きいところではないでしょうか?

仕事をしている人は、何日も休むということが困難だと思います。

もしも、脂肪吸引でアプローチしてしまうと術前の入院の時間や手術時間もかかる上、術後一週間程度は痛みが残るので仕事を休まなくてはなりませんし、太ももを綺麗な状態に形作りさせなければいけないので、1ヶ月程度圧迫下着を着用しなければなりません。

よって仕事には支障が出てしまう可能性があり、トータルで考えていくと、膨大な時間を脂肪除去に奪われてしまうわけです。

しかし脂肪溶解注射ならば、時間にして5〜10分で済みますし、術後筋肉痛程度の痛みで済むので、休まなくても普通に会社へ通うことができます。

料金も比較的安い

脂肪吸引と比べると、料金は安いと言えます。

脂肪吸引でアプローチすると、クリニックや脂肪の量により値段も変わってきますが、数十万から数百万という高額なものになってしまいます。

ところが脂肪溶解注射ならば、こちらもクリニックや脂肪の量に加え注射の回数のより変わりますが、一回あたり数万程度で済み、回数を重ねても数十万程度で収まります。

体へのリスクが少ない上、価格も抑えられるので経済的にも安心です。

手軽に施術を受けられる

やはり手術の有無や時間面、料金面、全てのことを考える脂肪吸引よりも手軽さは断然、脂肪溶解注射の方ではないでしょうか?

脂肪吸引となるとメスを入れるということは、大変怖いことですし迷いが生じることは普通のことです。

例え決断できたとしても今度は、長期化してしまうので時間の都合をつけるのは困難を極めます。

金額においても、高額なため金銭面に余裕のある人しか行うことができないのもデメリットと言えます。

しかし脂肪溶解注射ならば体を切るリスクもないですし、施術後も普通に帰れる上、金銭面も脂肪吸引よりも抑えることができるので、エステに行く感覚で利用することができます。

少しずつ行えるので経過を観察しながら安心できる

脂肪溶解注射は一回の施術だけでは、効果を実感できないといったケースもあり、複数回の施術を受けなければ効果が実感できない可能性もあります。

これは一見、お金もかかるし何度もクリニックに通わないといけないという、デメリットのように感じてしまうかもしれませんがメリットでもあるのです。

脂肪吸引のように何回も行うと体へのリスクを伴う上、一気に脂肪を減らす施術方法は、経過観察で異常を確認できても改善させることは難しいです。

しかし脂肪溶解注射のように、ちょっとずつ経過を確認できる施術方法は、医師と相談しながら脂肪の減少具合を相談できます。

その段階で自分にはこの治療は合わないと不満を感じたら、治療をやめたり、クリニックを変更することもできるのです。

ちょっとずつ変化を感じることができる施術方法は、デメリットよりもメリットの方が多いと言えます。

脂肪溶解注射がおすすめの理由は?

  • セルライトが解消される
  • 希望の形の脚になることができる
  • 下半身全体のスタイル良くなったように見える
  • セルライト解消でリンパや血液の流れを改善できる
  • 凹凸のない自然な仕上がり
  • リバウンドをするリスクが少ない
  • 一生、ハードなダイエットを続けなくても良い
  • 施術時間とダウンタイムが短い
  • 植物由来成分を使用した薬剤で安全
  • 気軽に施術を行うことができる
  • 経過観察しながらゆっくり治療が行える

ふとももへの脂肪溶解注射にかかる時間と費用は

ふとももへの脂肪溶解注射に必要な時間は、施術時間は約5~10分程度です。

事前に麻酔を使うクリニックであれば、麻酔をかける時間と麻酔が効いてくるまでの時間が加算されるので、30分くらいがプラスになるでしょう。

ふとももに使用する薬剤の総量は、内ももが200cc、外ももが100cc、ももの裏側が200ccが平均的なのだそうです。

ただし多くのクリニックは手のひら(指は入れない)1つが1箇所の目安になっており、1度の施術で最大、手のひら4つ分を1回分として料金を算出していますので、それを目安にすると、1回分9,000~30,000円、6回で150,000~180,000円。

両方のふとももに施術することを考えるとその2倍の300,000~360,000円が平均的な合計金額です。

もちろん、どれだけ脂肪の量を減らしたいか、どこを減らしたいかということによっても金額は変わってきます。薬剤の種類によっても、目安となる使用量は全く異なります。また、クリニックによっても大きく金額は異なっていますので、事前によく確認しましょう。

まとめ

いかがでしたか?気になる太ももの脂肪細胞の量を減らし、セルライトも解消することができ、しかもメスを使わずにダウンタイムも少なくて済むというのはとても画期的なものですが、ボディメイクというのは、美容整形の中でも高度な技術と多くの経験が必要とされる領域です。自分で脂肪溶解注射を打って後遺症に苦しむことになったというケースや

(脂肪融解注射液自己注入後遺症の1例)A COMPLICATION CASE AFTER SELF-INJECTION OF PHOSPHATIDYLCHOLINE

効果がなかった、不自然なラインになってしまったという不満の声も少なからずあることも事実です。最近では、メスを使用しないという手軽な印象から、技術も経験も未熟な医師でも施術しているということで、注意が必要です。

メソセラピー--脂肪溶解注射を中心に (相補・代替医療の現況をみる--日常診療で知っておくべき多種多様のCAMを解説します) -- (現代医学的療法)

金額の安さと言うよりも、確かな技術と経験を持つ、信頼できる医師がいるクリニックを選んでください。「自分の体を作ってくれる人」ですから、慎重に検討してください。

ビフォーアフター画像

このサイトは名古屋で脂肪溶解注射を得意とするクリニックの情報を集めたサイトです。こちらの画像は、いちおしクリニックのビフォーアフター画像。この効果の理由を、ぜひ公式サイトでチェックしてみてください!

サイトマップ